消費者金融の在籍確認とは?

MENU

消費者金融の在籍確認とは?

消費者金融の審査において「勤務先」は重要項目のひとつです。
毎月の返済に欠かせない「安定した収入」を確保するには「勤務先」が大きなポイントになります。
そこで申込書に記載された勤務先が間違いないか、確かにその勤務先に勤めているのかを調査する必要があります。
これを「在籍確認」といいます。

 

「在籍確認」は消費者金融の審査担当者が申込者の勤務先に電話をかける方法で行われます。
具体的には次のようなやり取りが行われます。

 

・審査担当者Aさん「わたくしAと申しますが、○○様(申込者)をお願いしたいのですが」
・同僚Bさん「あいにく○○は席をはずしております」
・審査担当者Aさん「それでは結構です、改めますのでよろしくお伝えください」

 

審査担当者Aさんとしては必ずしも申込者と直接話す必要はありません。
確かにその勤務先に勤めていることが確認できればいいのです。
審査担当者は消費者金融会社名は出さずに、個人名で電話をかけます。
同僚や上司などに消費者金融の利用がばれないように十分配慮してくれますので、安心して審査に臨みましょう。

 

在籍確認は通常審査の最終段階で行われます。
消費者金融側もわざわざ勤務先に電話をかけてまで不合格にする意味はありません。
在籍確認と思われる電話があれば、希望金額かどうかは別にして、審査には合格できると考えてよいでしょう。

 

ただし在籍確認がとれない場合は、最終的に合格判断を下すことができません。
勤務先が休日などで連絡が取れないといった状況は、必ず審査担当者に伝えておくようにしましょう。
在籍確認の代わりに、社員証の確認などで対応してもらえるケースもあります。
柔軟に対応してくれますので、必ず事前に相談しておくようにしましょう。