消費者金融に審査落ちしないために

MENU

消費者金融に審査落ちしないために

「申込みを行った以上は、なんとしても審査に合格したい!!」
消費者金融を申し込んだ方は誰でもこのように思われるでしょう。

 

しかし消費者金融の審査基準は一般的に公表されていません。
審査に合格できるかどうかは、審査を受けてみなければわかりません。
「必ず審査に合格できる」という方法があれば、何も苦労することはないでしょう。

 

しかし審査落ちしないために注意すべき点はいくつか挙げることができます。
自らの行為で不合格とならないために、次のような事項に注意して申込みを行うようにしましょう。

 

○自分自身の状況をよく理解する

まずは現在の自分自身の状況をよく把握することからはじめましょう。

 

・収入は十分ですか?
・勤務先・勤続年数は問題ないですか?
・他社で多額の借入を利用していませんか?
・返済に対して懸念事項はありませんか?

 

借入と現在の状況を比較して、少しでも不安を感じる場合には、たいてい不合格となるものです。
申込みの段階では少なくとも自信を持って臨みたいものです。

 

○嘘の申告をしない

なんとかして審査に合格する気持ちが強いためでしょうか。
申込み内容に嘘をついてしまう方が意外と多くおられます。

 

・収入を多く記入する
・勤続年数を長く記載する
・他社の借入を少なく申告する

 

審査担当者は金融のプロです。
素人がついた嘘は仮に証明書類が無くても見抜く能力を備えています。
嘘をつく方に対して信用してお金を貸すことはできません。
たとえ嘘をつかなくても十分合格できる基準であっても、たったひとつの嘘が致命傷となることもあるのです。
申込みは正確に行うようにしましょう。

 

○態度にも注意

店頭や無人契約機での態度についても注意しておきましょう。

 

・大声を挙げる
・デスクをたたく
・審査を急かす

 

審査を行う担当者も人間ですので、このような行為が審査結果に不利に働く可能性も想像できるでしょう。
言葉使い、服装などにも注意をはらい、自分から不利になる行動は慎みましょう。