消費者金融の審査基準

MENU

消費者金融の審査基準

消費者金融でお金を借りるには、必ず審査に合格する必要があります。
街中の金融業者の中には「無審査でお貸しします」「誰でも即融資」といった宣伝を掲げている先もあります。
一見魅力的に見えるかもしれませんが、このような金融業者には要注意です。
融資を受けることができる代わりに、法外な利息や手数料を請求されることになります。
暴力団関係者が出入りしている「ヤミ金」である可能性が高いので、決して関係を持たないようにしましょう。

 

消費者金融の審査基準は、各社異なっています。
しかもその内容は一般的には公表されません。
万が一審査に不合格となった場合でも、単に「当社の審査基準に合格できませんでした」と通知されるだけです。
不合格になった明確な理由を知ることはできません。

 

ただし、審査の目的は「貸したお金が確実に返済できるかどうか」を判断することです。
申込書に記載した利用者の各項目(属性)を確認して、総合的に判断するのが審査です。
これを覚えておけば、審査のある程度の基準を想像することは可能でしょう。
そこで各属性について、どのようなポイントで判断するのか考えてみましょう。

 

○年齢

公表されていない審査基準において、唯一年齢だけは明確な基準が設けられています。
商品案内などには利用可能な条件として「20歳以上、65歳(会社によっては69歳の場合もあり)以下の方」と明確に表示されています。

 

20歳未満の未成年の場合、保護者(親)の同意がない金銭契約は無効となるリスクがあります。
65歳(もしくは69歳)以上の高齢者の場合、利用途中で残念ながら亡くなってしまうというリスクがあります。
これらのリスクを避ける目的で、年齢制限を設けています。

 

○収入

収入自体は多いことに越したことはありません。
ただしより重要なことは、収入が「安定して」いることです。
例えば先月は月収60万円だったが今月は0円の方と、毎月コンスタントに月収30万円を挙げている方では、後者がより高い評価を得ることができます。

 

○勤務先

安定した収入をもたらす勤務先状況も大きなポイントとなります。
一般的に大企業→中小企業→零細企業の順番で高い評価を得ることができます。
また官公庁などの公務員は、最も高評価となります。

 

○勤務形態

一般的に正社員→派遣社員→パート・アルバイトの順番での評価となります。
個人事業主や中小・零細企業の経営者などは厳しく評価されます。

 

○勤続年数

一定の勤務先に長い間勤めていると高い評価となります。
最低でも一般企業で1年、個人事業主で3年以上は必要とされています。

 

これらの項目以外に「家族構成」「電話携帯(固定電話か携帯電話か)」「居住年数」などが一般的な審査の属性です。
これらの意味をよく理解するとともに、自分自身の状況とよく照らし合わせることが、審査に合格する第一歩といえるでしょう。