消費者金融 モビットの特徴

MENU

消費者金融 モビットの特徴

中堅の消費者金融として人気の高いのが「モビット」です。
竹中直人さんの独特のCMで知名度も高く、お茶の間でも人気を集めています。
2015年3月期決算で、貸付金残高約1,900億円、営業利益約50億円、従業員数約170名を誇る、日本を代表する消費者金融です。

 

モビットの社名は「Mobile」「Money」の「Mo」とデータ単位の「Bit(ビット)」からきています。
情報化社会に対応した金融業者を目指す同社の姿勢の現れでしょう。
2005年5月に三和銀行(現在の三菱東京UFJ銀行)が中心となって設立しました。
その後金融再編の流れの中、三井住友銀行を中心とする三井住友フィナンシャルグループの傘下となり、同行の豊富な資金量と知名度を背景にした営業戦略を展開しています。

 

実は「モビット」には有人店舗や自社ATMがありません。
しかし借入申込手続はすべてインターネットなどを通じて行うことができます。
直接窓口で担当者と話を行うことはできませんが、コールセンターを通じて相談することも可能です。

 

また提携先ATM数が豊富で、全国の10万台以上のATMを活用することができます。
利用に際してそれほど不便さを感じることはないでしょう。

 

<モビットカードローン商品概要(平成28年1月時点)>

 

○借入金額

・借入限度額1万円〜800万円

 

一般的な消費者金融の最高限度額は500万円です。
これに比較するとモビットはやや高い水準にあるといえるでしょう。
ただしモビットは「総量規制」の対象です。
最高限度額800万円を利用しようとすると、年収2,400万円以上が必要になります。

 

○借入利率

・実質年利3.00%〜18.00%

 

最下限金利3.00%は銀行カードローンに匹敵する低さとなっています。
ただし初回の利用者の場合には、ほとんど最上限金利に近い金利設定となりますので注意しましょう。

 

○延滞利息

・実質年利20.00%

 

法律で定められる最上限金利が適用されます。
日割りで計算され、数日の遅れでも大きな負担となりますので注意しましょう。

 

○担保・保証人

・不要

 

通常の消費者金融と同様、担保や保証人を準備する必要はありません。
逆にいえば担保や保証人に頼った借入はできないということです。
あくまで利用者の返済能力が問われることになります。

 

○利用できる方

・満年齢20歳〜69歳の安定した収入があり、審査基準を満たす方。
・アルバイト、パート、自営業の方も利用できます。

 

最高年齢は69歳と、一般的な消費者金融の年齢65歳に比較すると高くなっています。
総量規制の対象ですが、アルバイトやパートの方も一定の安定した収入が認められれば利用可能となっています。
ただし収入の無い専業主婦や年金収入者(年金以外に収入の無い方)の申込は受付していません。

 

○返済方式

・借入後残高スライド元利定額返済方式

 

最終借入後の残高に応じて、以下の通りに返済金額がスライドしていきます。
毎月の返済額を最低限に抑えることができる反面、返済期間が長期化することもありますので注意しましょう。

 

・10万円以下→4,000円
・10万円超20万円以下→8,000円
・20万円超30万円以下→11,000円
・30万円超40万円以下→11,000円
・40万円超50万円以下→13,000円
・50万円超60万円以下→16,000円
・60万円超70万円以下→18,000円
・70万円超80万円以下→21,000円
・80万円超90万円以下→24,000円
・90万円超100万円以下→26,000円
・100万円超→最終借入残高が20万円増すごとに26,000円にプラス4,000円

 

○返済方法

・ATM返済、振込返済、口座振替

 

返済方法は3通りから選択することができます。
中でも費用負担が発生しない口座振替がおすすめですが、三井住友銀行もしくは三菱東京UFJ銀行の口座に限られます。
モビットの利用を考えている方は、事前にどちらかの口座を開設しておけば便利でしょう。

 

○約定返済日

・毎月5日、15日、25日、末日

 

返済日は4通りから選択することができます。
給料日などの自分の都合をよく考えて選択するようにしましょう。