消費者金融審査と個人信用情報

MENU

消費者金融審査と個人信用情報

消費者金融の審査において欠かせないのが「個人信用情報」による調査です。
「個人信用情報」とは銀行・消費者金融・信販会社・クレジットカード会社などの利用実績などの情報のことを指します。
個人信用情報は主に次の3つの「個人信用情報機関」が取り扱って管理を行っています。

 

・株式会社シーアイシー(CIC)

 

消費者金融・クレジットカード会社・信販会社の他、リース会社・携帯電話会社など身近な金融関係業者が多く加盟しています。

 

・全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

 

その名の通り、銀行・信用金庫・信用組合・JAなどが加盟しています。

 

・日本信用情報機構(JICC)

 

クレジット会社・信販会社などが加盟しており、CICと重複する先も多くあります。

 

これらの3社は「CRIN」という共通システムを採用しており、さる程度の情報を共有していることになります。
個人信用情報を調査することで、利用者に対する様々な情報を得ることができます。
消費者金融の審査では、得た情報(主にCIC)を審査に活用し、返済能力とともに利用者が信頼できる人物かどうかを判断することになります。
具体的には次のようなポイントを判断することになります。

 

○借入残高

他社の借入残高を調査し、借入過多にならないかを判断します。
「総量規制」の対象となる消費者金融の借入は、年収の3分の1を越える利用ができません。
新規申込金額を含めて「年収の3分の1以内」におさまるかどうかがひとつの目安となります。

 

○借入件数

他社の借入件数がどれくらいか調査します。
借入金額自体が少なくても、件数が多ければ審査では不利となります。
細かい借入の利用は、消費者金融では概ね3〜4社程度が限度といわれています。

 

○返済実績

借入返済がきちんと履行されているかどうかを調査します。
返済が遅れている状態で新規借入を利用しても、きちんと返済できるわけがありません。
仮に「うっかり入金し忘れていた」という理由でも、それだけ信用力が乏しい利用者と判断されます。

 

○金融事故

過去に長期の延滞(概ね3ヶ月以上)や自己破産・民事再生などの金融事故を起こしていないか調査します。
これらの事故情報は通常5年以上記録として保存されます。
長期延滞の場合にはたとえ入金により延滞が解消したとしても、記録自体は5年以上保存されます。
事故情報が記録されている期間は、まず審査に合格することはできません。

 

○申込情報

直近の他社の申込情報を調査します。
審査の合否・借入の有無に関わらず「申込みを行った事実」も個人信用情報に記録されます。
一度にたくさんの先に申込みを行っていることが判明すると審査でも不利になります。

 

「お金に困っているのでは」
「一気に借りて逃げてしまうのでは」
このような不信感を持たれると、審査に合格することはできなくなるでしょう。