消費者金融の金利の仕組み

MENU

消費者金融の金利の仕組み

金融機関でお金を借りる場合、一番気になるのが「金利」の問題ではないでしょうか。
きちんとした返済計画を立てるうえでも、金利の仕組みをきちんと理解しておく必要があります。

 

消費者金融の金利とは、お金を借りる場合の「手数料率」のことです。
金融機関ローンでは、一定期間お金を借りるかわりに、「利息」という手数料を支払います。
その「利息」を計算する元となるのが「金利」です。

 

「金利」には「年利」「月利」「日歩」などの種類があります。
それぞれ「1年間で何%」「1ヶ月で何%」「1日で何%」の利息を支払うのか、を意味しています。
このうち消費者金融では通常「年利」が用いられます。
ちなみに映画などでよく登場する「トイチ」は「10日間で1割の利息」という意味ですが、当然このような高額の金利は法律で禁止されています。

 

また現在の消費者金融では「実質年利」が用いられています。
ローンを利用する場合には、利息以外に様々な費用負担が発生することがあります。
「ローン手数料」「保証料」といった費用負担を別途計算しなくてはいけません。
一方「実質年利」とは、これらの費用を全て含んだ計算を行う、という意味です。
利息以外の負担を考えずにすみますので、非常に分かりやすいものとなっています。

 

ただし提携先ATM手数料などは別途負担しなければいけません。
また「実質年利」ではなく単に「年利」とだけ表示されている金融機関には注意しましょう。
一見低金利に見えても、契約後高額な手数料などを請求されることになります。
このような金融機関はいわゆる「ヤミ金」である可能性が高いので、決して関わらないようにしましょう。

 

実質年利に基づいた利息の計算方法は次の通りです。

 

・利息=借りた金額×金利(実質年利)÷365日×借りた日数

 

例えば実質年利15.0%で30万円を借りて30日で返済したときの利息は次のように計算されます。

 

・30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円

 

30万円を借りて翌月に一括で返済する場合、借りたお金30万円に合わせて利息3,6987円を支払う必要があるということになります。
ただ消費者金融では一般的に分割返済を行います。
この例で「毎月6万円元金返済を行う」という条件で返済していくケースを考えてみましょう。

 

・1ヶ月目

 

借入残高は30万円なので、利息は30万円×15.0%÷365日×30日=3,698円。
これに返済元金6万円を合わせて63,698円を返済する。

 

・2ヶ月目

 

借入残高は24万円なので、利息は24万円×15.0%÷365日×30日=2,959円。
これに返済元金6万円を合わせて62,959円を返済する。

 

・途中省略

 

・5ヶ月目

 

借入残高は6万円なので、利息は6万円×15.0%÷365日×30日=740円。
これに返済元金6万円を合わせて60,740円を返済して完済。

 

このように返済時点での借入残高に応じた利息を計算して返済していくのが、消費者金融の基本的な仕組みです。
ただしここでは「毎月元金6万円の返済」という「元金均等返済」方式により計算しています。
「返済方式」の違いで、同じ借入金額や金利であっても、毎月の返済金額は異なってきます。

 

「返済方式」は各社や商品ごとに決められています。
また消費者金融のホームページでは、決められた方式をもとに借入条件を入力して返済額などを算出する「シュミレーション」のツールが準備されています。
利用の前には必ず確認し、きちんとした返済計画を立てるようにしましょう。